『ジャグラーシリーズ』高設定狙いの基礎【ジャグラーの勝ち方】

今回の記事では、ジャグラーの勝ち方について可能な限り分かりやすく、簡潔にまとめて行きたいと思います。

普段からガッツリと勝ちを目指している方はもちろん、負けても良いから楽しみたいと思ってジャグラーと接している方にも読んで頂きたい内容ですので、宜しければお付き合い下さい。

ジャグラーシリーズで高設定を狙う方法

「ジャグラーを打って勝ちたい」

ジャグラーシリーズを好んで打っている人なら、皆がそう思いますよね。

しかし現実問題として、ホールに行って空いている台に(無作為に)座ってジャグラーを打つだけでは、長い目で見ると中々収支がプラスには転じてくれません。

そういった状況が続くと、勝つことを諦めて、負けても良いから楽しめれば良いと自分を納得させたくもなります。

しかし、ジャグラーシリーズは現在ホールに設置されているパチスロ機の中でも、平均設定が最も高い台です。

ホールに設置されているパチスロ機は、その多くが設定1で営業しているのが実情ですが、ジャグラーシリーズは設定1の使用率が極端に少ないのです。

ですから、正しい知識を身に着ける事が出来れば、収支をプラスにする事も、他の機種を打つよりは遥かに簡単だと言えます。

ここでは、ジャグラーの高設定狙いをする上で重要な知識について、順を追って説明して行きます。

決して難しい話ではないので、実際の状況を思い浮かべながらお読み頂ければと思います。

大当たり確率に注目する

ジャグラーシリーズには、小役確率にも僅かながらの設定差はあるものの、基本的にはボーナス確率に大きな設定差が付けられています。

例えば、設置台数の多いアイムジャグラー系機種に絞って見てみますと

アイムジャグラー系機種のボーナス確率
BIG REG 合成
設定1 1/287.4 1/455.1 1/176.2
設定2 1/282.5 1/442.8 1/172.5
設定3 1/282.5 1/348.6 1/156.0
設定4 1/273.1 1/321.3 1/147.6
設定5 1/273.1 1/268.6 1/135.4
設定6 1/268.6 1/268.6 1/134.3

このように、アイムジャグラー系機種の場合だと、ボーナス確率の中でも特にREG確率に大きな設定差が付いています。

各機種の設定差に関しては、詳しくはこちらでご確認下さい。

『アイムジャグラーEX(AnniversaryEdition,EX‐AE)』スペック情報 『ニューアイムジャグラーEX(EX-KT,EX-KA)』スペック情報 『マイジャグラー4』スペック解析情報 『マイジャグラー3』スペック情報 『マイジャグラー2』スペック情報

良くある法則に当てはめて考える

ジャグラーシリーズは他の機種に比べると、比較的素直な設定の投入傾向(クセ)を隠していないケースも多いです。

理由としては、アイムジャグラー系の機種だと高設定域でもプロに狙われにくい機械割なので、さほど隠す意識が働かない事。あるいは意図的に分かりやすく高設定を入れるようにしているケースもあるでしょう。

ですから、意外なほどシンプルな投入パターンを繰り返してるホールも少なくありません。

代表的なものをいくつか挙げて行きますと…

  • 前日ボーナス回数の少ない台
  • 前日ボーナス回数の多い台
  • 前日差枚数の少ない台
  • 前日差枚数の多い台
  • 台の配置(カド、カド2、カド3など)
  • 高設定の据え置き(設定を変えない)傾向(出なければ据え置く、出たら据え置く)
  • 〇日凹んだ台の設定を上げる
  • などなど

設定の投入傾向を探る時は…

これは高設定だろうと思える台を発見

なぜその台に高設定が投入されたかの仮説を立てる

仮説を検証する

という工程を経て、そのホールの設定投入傾向を探っていく事になります。

先述のような『よくあるパターン』を参考にしながら、自分の通っているホールにあるジャグラーを観察して見てください。

必然性を意識する

大当たり確率に注目』しつつ『良くある法則に当てはめて考える』事によって、そのホールにおけるジャグラーの高設定投入パターンが見えてきたとします。

そういった状況で例えば、夕方にそのホールへ入店してジャグラーコーナーで台を選んでいる時、ボーナス確率的には高設定らしき台が空台になっていたとします。

そんな場合、その台がそのホールの設定投入傾向的にアリかナシかを判断する事で、当日履歴が優秀である事+αの根拠を作る事が出来ます。

「当日履歴的に高設定っぽい」
「ホールの高設定投入パターンに合致している」

打つ

「当日履歴的に高設定っぽい」

「ホールの高設定投入パターンに合致していない」

打たない

といったように、多視点的にその台が高設定である可能性を見いだせた場合だけ打つようにすれば、「高設定らしき台」が「本当に高設定」である割合が高まる事でしょう。

設定狙いにオススメのジャグラーシリーズ

ジャグラーシリーズに限らず、基本的にホールが高設定を入れやすい機種というのは設置台数の多い機種(メイン機種)です。

そう考えた場合に設定を狙う上でお勧めのジャグラー機種と言えば

  • アイムジャグラー系(アイムジャグラーEX,ニューアイムジャグラー)
  • マイジャグラー系(マイジャグラー2,マイジャグラー3,マイジャグラー4)

という事になります。

特にアイムジャグラー系機種は高設定域の機械割が然程高くない事で、高設定でも空台になりやすい傾向があります。夕方からジャグラーの高設定を拾う事を考えた場合、メインはやはりアイムジャグラー系機種という事になるでしょう。

もちろん、マイジャグラーシリーズに高設定を使っているホールがあるようなら、そちらもチェックしておきたい所。プロを始めとしたガツガツ打つタイプの打ち手が少ない状況なら、オイシイ思いが出来るかもしれません。

収支を記録する事

最後の項目になりましたが、何よりも重要なのがこの「収支を記録する事」です。

ここまで挙げてきたような点に注目してジャグラーシリーズを打って行ったとしても、「いくら勝ったorいくら負けた」という実際の収支を記録していなければ、そもそも自分が長い目で見て勝てているのか否かが分かりません。

どのような形で記録するかは自由ですが、最低限の情報として、『実戦日(日付)』『機種名』『投資金額(貯メダルの場合は現金化した場合の金額に換算)』『回収金額(貯メダルの場合は換金した場合の金額に換算)』『収支(いくら勝ったor負けた)』『打ったホールの名前』は記録しましょう。

出来れば、『打ち始めたゲーム数とボーナス回数(例:3000G/B15/R20)』『打ち始めた時刻』『打っていた時間の合計』といった情報も記録しておくと、今後にその情報を生かせるでしょう。

勝ち方を覚え始めた頃が一番楽しい

長くパチスロを打っていて、一番パチスロが楽しかった時期はいつだろうと思い返してみると、勝ち方を覚え始めた頃が一番パチスロを楽しんでいたように思います。

それまでは何となく「運よく勝てたら良いな」と思って打っていたパチスロが、「勝つべくして勝てるモノ」に変わっていった時の快感は強烈なものでした。

自分自身、パチスロで(長い目で見て)勝つなんて出来るわけないと思っていたのですが、勝ち方を身に着けてみるとそれは、(少々面倒くさいぐらいで)難しい事ではありませんでした。

ジャグラーは運任せに打っても楽しい機種ですが、勝つべくして勝つ事を目指して打つと更に楽しい機種でもあります。

この記事を参考にしてくれた皆さんが「勝つべくして勝つ楽しさ」を味わえる事を切に願っております。

それでは、良いジャグラーライフを。

ジャグラーでの勝利に繋がるお話をしています

今回説明した基礎を前提として、ジャグラーで勝利を掴むために有用な情報や考え方を説明しています。

マイジャグラー4パネル【アイムジャグラーとは違う?】マイジャグラーの設定判別方法を解説【設定推測要素】日の出年末年始休暇時期のジャグラーでの勝ち方、立ち回り術【年末、元旦、三が日】数取りジャグラーでぶどうを数える理由、その意味とは末尾5の付く日はジャグラーの日?【ジャグラーの勝ち方】表彰台通っている店(ホール)がどのジャグラーを優遇しているか一目瞭然になる方法悩みジャグラーのヤメ時とジャグ連と設定判別の関係性についてマイジャグラー4パネル5月5日はジャグラーの日、高設定に期待できる?ストップウォッチジャグラーを閉店間際の高設定狙いで打つ『ジャグラーシリーズ』高設定狙いの基礎【ジャグラーの勝ち方】サイコロスロットの設定とは?【パチスロ基礎知識】スランプグラフジャグラーの良履歴打ちで信頼できる試行ゲーム数ホールが高設定を使いやすいジャグラー機種とは?『少しアバウトな狙い目』が狙い目【ジャグラーの設定狙い】枝豆夜9時過ぎからのジャグラー稼働で酒とツマミ代(飲み代)を稼ぐ楽しさ【1ゲームが濃密な閉店間際稼働】コイン貯メダル再プレイの活用は非等価ホールで勝つための絶対条件【年間で〇〇万円得をする?】アイムジャグラー系機種でホールが設定6を使っているかいないかを確認する方法当日履歴+根拠で「ゆるくて手堅い」ジャグラー高設定狙い戦術朝一のジャグラーでの立ち回り術【ガックンチェック・狙い台】粘土6絶対に設定6を使わない店で稼働するメリットとデメリット【ジャグラー稼働のスタンス】ジャグラーを頑張っている日を発見する方法