ガックンチェックとは?意味とチェック方法

朝一の立ち回りについての記事で「ガックンチェック」について触れましたが、今回はより「ガックンチェック」について掘り下げて説明して行きたいと思います。

リールガックンとは?

スロッターの間では当たり前のように使われている用語ですが、これについて詳しく解説していこうと思います。

パチスロ台には機種によって、設定変更後1G目にリールが「ガクっ」とブレるような不自然な動きを見せる台が存在しています。

このリールが一瞬震えるような動きを見せる事を「ガックン」と表現しているのです。

実際の動きに対する印象としては、「ガックン」というよりは「ブルッ」とか「クイッ」といった表現の方が適しているようにも思いますが、「ガックン」という表現が定着しているので、一般的にはリールがブレる事を「リールガックン」と言うのが普通です。

ガックンチェックとは?

リールガックンをするタイミングとしては、ジャグラーシリーズであれば「設定変更後」か「ボーナス終了後」という事になり、この「ガックン」挙動を見極める事で設定変更の有無を確認する事が可能となる訳ですが、この事を「ガックンチェック」と言います。

ジャグラーシリーズ機種で言えばファンキージャグラー以降の機種ではガックンの挙動を把握しづらくなりましたが、それより前(マイジャグラー3以前)の機種に関しては目視で確認できるレベルのガックン挙動が見られるので、その日の1G目にこのような挙動が確認できると設定変更された可能性が高まります。

ガックンチェックの方法

ガックンチェックをする場合、まずは当日に1Gも回されていない台(朝一台)である事が前提となります。

朝一台を確保出来たらリールを回してガックンの有無を確認するのですが、この時は1枚掛けで回しましょう。

ガックンチェックは1枚で回す

ジャグラーはコイン1枚でもリールが回る機種です。なので、ガックンチェックの時も1枚がけで回すことが出来ます。そうする事で、データカウンター上は0G表示のままガックンの有無を確認できます(多くのデータカウンターは3枚がけで1Gカウントがなされる為)。これをする意味は何かと言えば、ガックンチェック済みである事が露骨に分かるようなデータにしないための配慮です。設置してあるジャグラー全台が1Gだけ回されたような状態で放置されているのは、見栄え的にあまり宜しい状況ではありません。そういった状況を店側が嫌がった場合、それまでは対策されていなかったホールでもガックンチェック対策を行うようになってしまっては元も子もありません。ガックンチェックに限らず、パチスロで勝つための動きをする時は、「出来るだけ目立たない意識」を持って行動するように心がけて下さい。

なお、他人が同じようにガックンチェックを1枚がけで行っていた場合、ぱっと見のデータカウンターは0Gながら実はガックンチェック済みであるケースが存在するのですが、これを見分ける方法は「1枚がけで2G分回す事」です。こうする事で、あらかじめ1枚がけで1G回されていた場合にはデータカウンターは「1枚がけ×3G」で通常の「3枚掛け×1G」と同様の処理をしますから、自分では「1枚がけ×2G」しか消化していないのにデータカウンターでは1Gがカウントされるという現象が起こります。これが起これば「チェック済み」であったことが分かります。

このガックンチェックでリールが「ガックン」すれば設定変更の可能性が高まり、「ガックン」しなければ据え置きの可能性が高まる…という事になります。

ただし、この判別が有効であるか否かは店によって大きく異なる点は注意してください。

ガックンチェックが有効である条件
  • 設定変更した台をホール側が1G回すような習慣がない
  • 設定変更していない台のリールをホール側が手で回す(設定変更していないのにガックンする状態にする)ような習慣がない
  • 設定変更の有無に関わらず全台のリールを7揃いにするような習慣がない
  • その他ガックンチェックをさせない(惑わせる)ような対策をしていない

要約すると最後の項目に挙げたように、ガックンチェックを阻害する対策をしていないホールでのみ有効という事になります。

ガックンチェックの注意点

ガックンチェックが全てのホールで有効ではない事は前の項目で語りましたが、それを横に置いておいたとしてもガックンチェックは設定変更の有無を確実に見抜けるものではないという事は念頭に置いておいて下さい。

つまり、ホール側が対策していない場合でも「ガックンしたのに設定変更されていない」場合や、「ガックンしなかったけど設定変更されている」ケースも考えられるという事です。

リールの停止位置によってもガックンのしやすさに違いが出てきますから、確実に設定変更を見抜けるものではありません。

とは言え、ガックンチェック対策をしていないホールにおいては貴重な朝一の情報であるのは間違いありませんから、ガックンチェックが有効な店においては積極的に活用して頂きたいと思います。

ジャグラーシリーズのガックンチェック

ジャグラーシリーズ機種に関しては、マイジャグラー3以前の台とファンキージャグラー以降の台でリールガックンの度合いに大きな違いがあります。

マイジャグラー3以前の機種に関しては基本的に目視で確認できるレベルのガックン度合いとなります。

対してファンキージャグラー以降の機種に関しては、目視での確認は困難な程度のガックンレベルとなっており、これらの機種でリールガックンを確認するためにはスマートフォンのカメラを用いたスローモーション撮影などで確認する必要があります。

具体的にガックンが目視で確認できる機種、困難な機種は以下の通り(記事作成時点での現役機種に限定して掲載)。

ガックンが目視で確認できる機種

ガックンの目視が困難な機種

ガックンチェックの活用法はこちら

実際にガックンチェックを活用する上での注意点などはこちらの記事でご確認下さい。

朝一のジャグラーでの立ち回り術【ガックンチェック・狙い台】