ジャグラーシリーズの『小役優先制御』と『ボーナス優先制御』

©KITAC

パチスロのリール制御には大きく分けて『小役優先制御』と『ボーナス優先制御』があります。

ジャグラーシリーズでは基本的には『ボーナス優先制御』を採用している事が多いのですが、例外もあります。

今回の記事では、そういった点に触れながら、小役優先とは?ボーナス優先とは?という内容に触れて行きたいと思います。

ジャグラーと『小役優先制御』と『ボーナス優先制御』

まずはそれぞれの説明を簡単にして行きます。

小役優先制御とは

内部的にボーナスと小役が同時に成立している状況で、尚且つ両方を揃える事が可能な停止位置だった場合、ボーナスよりも小役の入賞を優先する制御。

現行機種のほとんどで採用されている。

小役優先制御の例

ボーナス成立中であり、さらに内部的にブドウが成立している状況で上の出目が出た状況で右リールにボーナス絵柄を狙った場合、小役優先制御の場合はブドウが揃う。

ボーナス優先制御とは

内部的にボーナスと小役が同時に成立している状況で、尚且つ両方を揃える事が可能な停止位置だった場合、小役よりもボーナスの入賞を優先する制御。

ただし、リプレイは例外としてボーナスよりも優先して入賞する。

現行機種ではジャグラーシリーズを始めとした一部の機種で採用されている。

なぜリプレイは例外?

なぜリプレイが他の小役と違った扱いとなっているかと言うと、実はリプレイという役は小役ではないからです。パチスロを作る上での基本的なルールでは、リプレイは『再遊戯役』という小役とは別の役として定義されているんです。考え方としては、『小役=払い出しのある役』と考えた場合、リプレイは次ゲームをメダルなしで回せる権利を貰えるだけでメダルが払い出される訳ではないから小役ではない、と考えると分かりやすいかもしれませんね。

ボーナス優先制御の例

ボーナス成立中であり、さらに内部的にブドウが成立している状況で上の出目が出た状況で右リールにボーナス絵柄を狙った場合、ボーナス優先制御の場合はボーナスが揃う。

ジャグラーシリーズは基本的に『ボーナス優先制御』

先述の通り、現行機種では基本的に『小役優先制御』が採用されているのですが、そんな中でも数少ない例外として、ジャグラーシリーズでは多くの機種が『ボーナス優先制御』を採用しています。

その結果、所謂ぶどう抜きという技術介入が可能となっており、ジャグラーシリーズのゲーム性を奥深いものとする事に一役かっていると言えるでしょう。

ジャグラーでのブドウ抜き(獲得)方法を分かりやすく解説【1枚掛けでぶどうを揃える手順】

ジャグラーシリーズにも『小役優先制御』の機種がある

現行機種で小役優先制御のジャグラーは2機種あります。

この2機種に関しては、ぶどう抜き手順を実行する必要がありません。

ジャグラーシリーズは、いつまでもボーナス優先制御であって欲しい

現行機種では多くの機種が小役優先制御となっていますが、ボーナス優先制御であるからこその魅力というものが存在します。

ぶどう抜きは正にその分かりやすい例であり、こういった細かな技術介入もパチスロのゲーム性として大切なものではないでしょうか。

ジャグラーシリーズにはこれからも、一部の例外を除いてボーナス優先制御を続けて頂きたいですね。