GO!GO!ランプを綺麗に撮影する方法【ゴーゴーランプ写真白飛び調整】

GO!GO!ランプ色飛び防止

ジャグラーシリーズを打っている中で一番嬉しい瞬間は、言うまでもなくGO!GO!ランプがペカっと輝いた瞬間ですよね。

そんなGO!GO!ランプを写真で残したいと思って撮影してみると、なんだか意外と白飛びしてしまっているような事ってありませんか?

スマホのカメラ性能次第で違うと思いますが、そういった場合には「ある設定」を弄ればGO!GO!ランプを鮮明に撮影する事が出来ます。

GO!GO!ランプの色飛び防止法

GO!GO!ランプがペカっと光り、嬉しくなってスマホのカメラでパシャリ。

GO!GO!ランプ色飛び

するとこのように、少々白ぼけた感じで写ってしまう事も多いのではないでしょうか。

これはGO!GO!ランプの発する光で色が飛んでしまっているわけですが、カメラのある設定を弄れば、以下のような写真に出来ます。

GO!GO!ランプ色飛び防止

よりGO!GO!ランプの色味が濃くなった事がお分かり頂けるでしょう。

このように鮮明な写真を撮影するためには、スマホのカメラ設定をいじる必要があります。

露出(EV)を変更する

カメラアプリによって設定の仕方は様々だと思いますが、白飛びを防いで鮮明なランプを撮影するためには、露出(EV)という項目の数値を変更する事が必要です。

以下は自分が使っているXPERIA(アンドロイド)のカメラアプリ画面です。

カメラの撮影モードを自動からマニュアルに切り替えて、以下の項目をいじります。

EV設定色例

黄色い〇で囲った所にEVと書いてありますが、これが露出(光をどれだけ取り込むかの設定)です。

この数値を下げれば光を取り込む量を減らし、上げれば光を取り込む量を増やします。

色飛びする場合、光の量を減らせば元の色が鮮明になりますので、上の画像のようなクッキリした色味となります。

逆に下の画像はEVを最大値にした場合ですが、完全に白飛びしています。

EV設定白飛び例

実は上2つの画像はパソコンの液晶画面に映した画像をスマホカメラで撮影しているものなので、実際にGO!GO!ランプを撮影した時とは少々事情が異なるのですが、露出(EV)の数値をいじることで、こういった変化を付ける事が出来るという点はお分かり頂けたのではないでしょうか。

一番良い露出(EV)で撮影しましょう

今回の写真は露出(EV)の数値を最小にしたものと最大にしたものを比較しましたが、もちろんその中間地点で一番良いと思うところで撮影してもらうのが一番良いでしょう。

露出を下げれば色味は鮮明になりますが、その分やや黒みがかった写りになってしまう面もあるので、あまり黒々としない程度の露出値で撮影する事が、きれいにGO!GO!ランプを撮影するためには必要となります。

その見極めが出来れば、オート設定で撮影するよりも、もっときれいなGO!GO!ランプを撮影できると思いますので、是非お手持ちのスマホカメラで試してみてください。


©KITA DENSHI